ビジネス探究科3年 商品開発 夏休み実践課題報告発表

2021.10.05

34HR商品開発の授業では、富士市大淵の落花生を用いた商品開発を進めています。

9月29日(水)の授業では、夏休みの実践報告を外部講師であるi clubの神田様に班ごとに発表しました。

これは生徒たちが7月の授業で、自分たちのアイデアを実現させるために、夏休みに行う試作品の作成手順やアンケート調査の項目設定などを準備し、夏休みに活動していたものです。

生徒たちは、発表の中で「想定していた味や見た目にならなかった」「試作品を作ったことによって次の改善点がわかった」など実際に活動したことでより具体的な課題を見つけることができました。また、他の班の発表を聞いて、「もっと写真を強調した方がイメージがわきやすい」「なぜ、その味付けで試作しようと思ったのか説明が欲しい」などアドバイスをすることで、自分達では気づかなかった視点から改善点を知ることができました。

神田様からは、「私たちは美味しく作るプロではないため、味の善し悪しだけにこだわるのではなく、本来、各班が目指している“起こしたい変化がその商品によって可能なのかどうか”という点にもう一度立ち止まって考えてほしい」と講評していただき、試行錯誤する生徒たちにとって、見失いかけていた目標を再確認することができました。 今後は1月の最終発表に向けて可能な限り挑戦を続け、満足のいく商品開発を目指していきます。

この記事をシェアする