2年生の究タイム「市役所プラン」

2020.08.01

7月30日(木)に2年生の究タイム(総合的な探究の時間)「市役所プラン」の中間発表を行いました。

本年度の「市役所プラン」は生徒が11のテーマから関心のあるものを選び、各テーマから富士市の魅力や課題を発見し、課題解決のための提案を考え、発表しました。
新型コロナウィルスの影響もあり、フィールドワークや地域の方へのインタビューが出来ない中で、生徒は「広報ふじ」や地域新聞を活用して準備を進めてきました。

アドバイザーとして静岡大学の渋江准教授をはじめ、リクルートホールディングスの角田様、地域政策を専攻している大学生や市役所職員、卒業生を招き(2名はオンライン)、提案についての講評や助言をいただきました。

今後、今回の発表でいただいた助言を参考に、最終発表に向けてブラッシュアップしていきます。
「市役所プラン」を経て生徒自身が”課題発見能力”や”考える力”を身につけ、”郷土愛”を持ってもらえることを期待したいと思います。

最終発表は9月25日(金)です。

この記事をシェアする