アクセス

●JR東海道線「吉原駅」から
 岳南鉄道へ乗り換え、
「岳南富士岡駅」から
 徒歩10分
●富士急静岡バス「吉原中央駅」
 から、船津・沼津駅方面
「富士市立高校入口」下車
 徒歩3分
●東名高速「富士IC」から
 車で20分
●新東名高速「新富士IC」から
 車で25分



郵便:417-0847
住所: 静岡県富士市比奈1654
電話: 0545-34-1024
FAX: 0545-38-3223
Mailはこちらから

大型バス迂回路
大型バス迂回路

拡大版はこちらから>迂回路
 Google Map 本校までの
 迂回路(大型バス用)
 ・東名富士IC~
 ・新東名新富士IC~
 ・新東名駿河湾沼津SA(下り)
スマートIC~
 

リンク

吉商本舗
NPO法人富士スポーツクラブ
富士市
静岡県
 

カウンタ

COUNTER446147

ニュース

ニュース
12345
2019/03/18

地域交流事業

| by 吉村

地域交流事業 吉永まちづくりセンター協働事業 コミュニティ講座
吉永地区小学生対象「マーク先生と英語で校舎探検」を実施しました。


平成31年3月16日(土)本校校舎で吉永第一小学校の児童12名が参加し、ALTマーク先生と
スチューデントティーチャー7名によるコミュニティ講座を実施しました。
初めに、英語での自己紹介シートをスチューデントティーチャーのアドバイスのもと作成し、
参加者一人一人が英語で自己紹介をしました。その後、4つのグループにわかれ、校舎内にあるものを英語で
表現するゲームを楽しみました。

13:25 | 行事
2019/03/08

岩松北地区 梅まつり

| by 長谷
 岩本山公園で開催された梅まつりに、「市役所プラン」で梅茶漬けを提案した2年1組と、スタンプラリーを提案した
2年3組の企画が採用され実施されました。 梅茶漬けは、朝、学食で米を炊くチームと、現地でテントの装飾などの準備を
するチームに分かれ、販売に間に合わせました。小林園さんのおいしいお茶のおかげもあり、市長をはじめ多くの来客から
好意的なコメントを頂け、昼過ぎには完売しました。 スタンプラリーはサッカー部、野球部員を中心としたチーム構成で、
小学生たちへの説明、景品引き換えに加え、お茶漬けの販売を手伝うなど祭りを盛り上げてくれました。
生徒との連絡窓口になって頂いたまちづくり協議会副会長さんをはじめ、多くの方々のご理解とご協力を頂いたことに感謝
するとともに、企画の計画立案から運営を通した「生きた学び」を経験した生徒たちが、今後どのように地域社会と
関わっていくか期待したいと思います。

15:25 | 究タイム
2019/03/04

平成30年度 ビジネス探究科卒業生 上級資格検定合格者報告

| by 伊東

平成30年度 ビジネス探究科卒業生 高度資格検定合格者報告


・全商簿記検定3種目以上1級合格者:20名
 【5種目:1名 4種目:6名 3種目:13名】
・日商簿記検定2級合格者:4名
 【高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得】
・全経簿記検定1級合格者:4名
 【会計学・工業簿記2科目合格者】

13:30 | 検定
2019/03/01

第55回卒業式

| by 遠藤健

第55回卒業式

3月1日(金)本校体育館において、第55回卒業証書授与式が挙行されました。
 校長からは、「高校生活で学び培ったことは、10年後も20年後も心の中に生き続け人生を支えてくれる。
探究心を持ち、学び続けることを忘れないで欲しい。」
 卒業生からは、「論理的に根拠づけ、効果的に伝える方法を学んだ。この力をこれからも磨き高めていく。
3年間は宝物。たくさんの素敵な友人たちに出会えて本当に良かった。3年間本当にありがとうございました。」
 在校生からは、「先輩たちの姿から、教育目標である ” 自律する若者 ” の本当の意味を学んだ。
先輩たちは私たちの誇り。皆さんのあくなき探究心が実を結ぶことを心から願っている。私たちも精進する。」と
述べました。
卒業生の皆様、御卒業おめでとうございます。これからの御活躍を心から願っております。

17:07
2019/02/20

商品開発

| by 遠藤健
 ビジネス探究科3年生が、半年かけて富士の魅力を再発見し、観光プランを提案しました。
フィールドワークやインタビューを繰り返し、観光客を呼び込もうと試行錯誤しました。
発表会では、御協力をいただいた岳南鉄道株式会社様、富士市総務部シティプロモーション課様と
地元中学生にも参加いただきました。
地域と協働し活動を交えることで、高校生自身が地域の魅力を再認識することができました。 

協力アドバイザー:東京大学発i.club(イノベーション教育専門)

09:18 | 授業・LHR
2019/02/19

後期探究学習発表会

| by 永井

後期探究学習発表会


 2月13日 後期探究学習発表会が開かれました。探究学習は本校が教育の柱として掲げている活動で、
これからの社会を生き抜くために必要とされる課題解決力やコミュニケーション能力、表現力などの力を
養うことを目標としています。
 今回の発表会は、1年生は、10会場に分かれてディベート大会、2年生は、各HRで選ばれた代表者が
プレゼンテーションを行いました。

1年生
 多角的な見方や論理的な考え方を学び批判的思考力・論理的思考力を身につけ、
 ディベートにチームで取り組むことで、コミュニケーション能力や協働力を高めました。
   論題:「高校は授業でスマホを使用すべきである。」

2年生
 これまで身につけた力を活用し、SDGs(持続可能な開発目標)についての 
 認識を深める過程で見出した課題を探究することで、社会問題や自分の将来に
 ついて視野を広げました。
  最優秀発表賞「消防吏員採用試験に色覚検査は必要であるか」

13:27 | 究タイム
2019/02/19

第18回学校運営協議会

| by 遠藤健
 2月6日(水)に学校運営協議会を行いました。
委員の皆様から御意見をいただきながら活発な協議会となりました。
いただいた御意見をまとめ、次年度以降の教育活動に活かして参ります。
委員の皆様、オブザーバーの皆様、お忙しい中ありがとうございました。

内容:進路状況、海外探究研修実施等報告   生徒教職員保護者アンケートについて
   学校経営報告書(自己評価)について  意見交換と承認



11:36 | 学校運営協議会
2019/02/18

吉原まるごとマルシェ・FYS歌謡祭&ガラガラ抽選会

| by 長谷
 吉原商店街振興のために「市役所プラン」で音楽祭を提案した2年4組が、商店街の新たな試みとして行われた
FYS(Fujisan Yoshiwara Street)歌謡祭のMCとして参加しました。
また、レシート抽選会とイベント会場清掃のボランティアスタッフとして、ソフトテニス同好会とスポーツ探究科から
合計11名参加しました。
 地元出身のアーティスト・パフォーマーの紹介をしていきましたが、吉原商業高時代を含めて2人の方が
本校卒業生であることがわかり、世代を超えた交流となりました。隣りで開催された抽選会も開始前から大行列となり、
先着1000人に到達するまでの3時間あまり、途絶えることなく大盛況でした。
 商店街が歩行者天国となり、大変な活気を呈したイベントとなりました。
商店街のみなさんに感謝と敬意を抱くとともに、これからの持続可能なまちづくりを考える貴重な試みに関わった
経験を材料に、学習をさらに深めていきます。
 ↑本校卒業生「如月愛里」さん。
 高校時代をモチーフにした歌詞をのせた美しい
 メロディーからウエストステージ本格スタート。

 ↑本校卒業生「勝又彩花」さん。
 機材トラブルにも冷静に対処。
 アカペラは圧巻ですごかったです。
 ↑FreeStyleFootballer「TOMMY」さん。
 世界トップの技術に子どもたちに大受けでした。
 ↑「paranoa」さん。
 商店街の歌を作ったりしてくれました。
 ↑1000人ぶんの抽選をスムーズにやりきりました!

12:45 | 究タイム
2019/02/13

富士のふもと産業教育交流フェア

| by 伊東

「第3回 富士のふもと産業教育交流フェア」にビジネス探究科の生徒が参加しました


 2月9日(土)、ふじさんめっせ内に本校のビジネス探究科のブースを設け、学習成果の情報発信や販売実習を行いました。当日は、同時開催の「ものづくり力交流フェア2019」とともに、学校や企業の取組に関心を持った多くの方々が来場されました。

 本校のビジネス探究科は、商品開発のセンスを磨く「お菓子のパッケージ」の制作実習をはじめ、2年生の探究学習で取り組んでいる市役所プランや海外探究研修で訪れる台湾の伝統的なおみくじの紹介、現地から仕入れた「ハイチュー」などの銘菓や吉商本舗で販売している「ふり吉」の販売を行い、幅広い年齢層の来場者から御好評いただきました。

 また、本校の生徒会長が他校の生徒や市長、地元企業の方々とともにパネルディスカッションを行い、富士・富士宮地区の魅力を向上させる取組を検討しました。
 本年度は、御殿場の「オープンハウス2018」、沼津の「ふじのくに実学チャレンジフェスタ」を含めた3回のイベントに出展させていただき、ビジネス探究科の魅力を広く発信することができました。

1、2年生が力を合わせて、
準備・運営しました。
日商簿記検定を積極的に受験する支援策を
提言しました。
お菓子のパッケージ案を子どもから大人まで
楽しく考えました。
台湾式おみくじの珍しい仕組み、多くの方が
興味津々でした。

12:29 | その他
2019/02/05

第10回 吹奏楽技術向上練習会

| by 新明

第10回 吹奏楽技術向上練習会を開催します


第10回目となる技術向上練習会を3月23日と24日に開催します。今回の練習会は「生徒だけでできる基礎練習・合わせ練習のポイント」をテーマに、生徒主体の練習場面(パート練習や初期の合奏練習時)のポイントをレッスンします。
201803 吹奏楽勉強会長泉ベルフォーレ
【写真】 2018年3月 吹奏楽勉強会(長泉ベルフォーレ)
 長泉中吹奏楽部の皆さんと一緒に

 練習時間が限られていく中、なんとなく取り組んでしまいがちな「日常練習」の質の向上は、良い演奏のために必要不可欠です。また日々多忙な先生方が常に練習を見られない事も多いでしょう。そこで今回の練習会は生徒同士の練習中に押さえてほしい大切なポイントを、フジイチブラスと一緒に演奏することで実践的にレッスンしていきます。
 多くの中学校で活用されているJBCバンドスタディー(赤本)を使い、様々な練習方法を紹介します。また、レッスン後半では、春の新入部員勧誘や地域のイベントにも使える「楽器紹介のためのミッキーマウスマーチ」(ウインズスコア版)を使って、演奏中の大切なポイントもレッスンします。フジイチブラスと一緒に、楽しく基礎練習のポイントを探究しましょう。多数の参加をお待ちしています。

平成31年 3月23日(土) 午前の回 9時から12時 午後の回 13時30分から16時30分
24日(日) 同時間で実施します

※午前と午後の内容は同じです。また23日と24日の内容も同じです。(半日で1レッスン×4回)
 参加校が重なった場合は調整をお願いする場合があります。

講師 ヤマハ吹奏楽インストラクター 望月洋次郎(本校吹奏楽部 指導講師・音楽監督)他

案内文書はこちら (改訂版)
 第10回 技術向上練習会 改訂版 案内
 第10回 技術向上練習会 改定版 実施要項
 第10回 技術向上練習会申込書(改定版)(ここに中学校名を入れて送信してください)

2月22日(金)必着
問合せ 地域交流課 新明(しんみょう)
10:36 | 地域交流
12345