アクセス

●JR東海道線「吉原駅」から
 岳南鉄道へ乗り換え、
「岳南富士岡駅」から
 徒歩10分
●富士急静岡バス「吉原中央駅」
 から、船津・沼津駅方面
「富士市立高校入口」下車
 徒歩3分
●東名高速「富士IC」から
 車で20分
●新東名高速「新富士IC」から
 車で25分



郵便:417-0847
住所: 静岡県富士市比奈1654
電話: 0545-34-1024
FAX: 0545-38-3223
Mailはこちらから

大型バス迂回路
大型バス迂回路

拡大版はこちらから>迂回路
 Google Map 本校までの
 迂回路(大型バス用)
 ・東名富士IC~
 ・新東名新富士IC~
 ・新東名駿河湾沼津SA(下り)
スマートIC~
 

リンク

吉商本舗
NPO法人富士スポーツクラブ
富士市
静岡県
 

カウンタ

COUNTER497705

校長挨拶

 富士市立高等学校のホームページを御覧いただきまして、誠にありがとうございます。
 平成28年度に着任いたしました校長の岩田享と申します。私自身、この高校が、平成23年4月に学科改変して新高校になった時、副校長として着任し、再びこの高校に戻れたことを大変光栄に思っています。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 富士市立高等学校は、昭和37年に開校した吉原市立商業高等学校を母体とし、校訓「考えよ」の下、教育目標「自律する若者の育成 ~未見の我を探そう~ 」を理念とし、平成23年4月に学校創立50周年記念を機に、新時代に対応すべく新たな3つの教育理念「コミュニティーハイスクール」「ドリカムハイスクール」「探究ハイスクール」の実現をコンセプトに、総合探究科(3クラス)、ビジネス探究科(2クラス)、スポーツ探究科(1クラス)の3つの探究科(定員240人)として学科改変を行い、早9年目を迎えます。
 
 昨年度から、「富士市立高等学校改革実施計画」10年目の検証作業に入っており、今年度は、校内にプロジェクト会議や第三者による外部委員会を設置し、学校運営協議会(コミュニティースクール)と連携しながら、更なる推進を行います。

 校舎北側には世界遺産の霊峰富士、南側には万葉の歌人、山部赤人の歌に代表される田子の浦を眺め、探究学習の推進や部活動の活性化のため、県下屈指の充実した教育施設や教育環境で、709人の生徒が教職員とともに日々の学習、学校行事、部活動に励んでいます。

探究学習をとおした特色ある教育として、課題解決型学習「究タイム」により、3年生前期までを5つの単元「序」「論」「活」「究」「夢」で構成され、1年生前半は、ブレーンストーミングやKJ法など基本的な方法を学びます。後半は、ディベートにより、コミュニケーション力や協働力を高めます。
2年次前半は、富士市まちづくり課臨時職員として、市から任命され、地域に入り込み、魅力や課題を見つけ出し、地域の方と高校生にできることを企画・提案することで地域の一員としての意識を高めます。後半では、これまで身につけてきた力を活用して自分自身で設定したテーマを探究することで、社会問題や自分の将来について視野を広げます。
3年次は、ここまでの学習を振り返ることで、気付きや自らの成長を自覚し、将来との繋がりを意識したスピーチの作成を通して、進路意識を高め、探究学習としての集大成として進路決定に繋げていきます。

国内外の探究研修として、9月の国内集中探究研修、国外はアメリカ(ボストン)、台湾(タイペイ)、オーストラリア(ゴールドコースト)の海外探究研修や土曜サテライト学習等、他校にはない教育スタイルを多く取り入れ、生徒一人ひとりが社会に貢献し、海外や地元で活躍できるグローバル人材の育成を目指します。

保護者の皆様や後援会や同窓会の関係各位のこれまでの御尽力・御協力に感謝申し上げるとともに、このホームページを御覧の皆様にも、今後とも温かい御支援・御協力を賜りますようお願い申し上げます。